ケーススタディ

国際相続ケース 日本に居住する国際結婚されている外国籍の方

このケースは、日本人と国際結婚された外国籍の方が、日本で居住している間に、相続が発生した場合を想定していますが、これには、日本人の配偶者の方が亡くなった場合、外国籍の方が亡くなった場合、外国籍の方の外国籍の被相続人が海外で亡くなった場合が考えられます。 (1)日本人の配偶者の方が亡くなった場合遺産分割この場合、基本的にこちらのケースの場合と同様で、通常、日本にいる外国籍の配偶者やその子等の相続人同
続きを読む >>

国際相続ケース 海外移住をされている方のケース

(1)日本人である被相続人及び相続人が、日本国籍のまま海外に移住し、被相続人が海外で亡くなったケース遺産分割このケースでは、相続人は、住んでいる海外で相続手続を行うことになり、その場合、現地国の法律にしたがって処理がなされるものと考えられます。ただ、日本に資産がある場合には、日本にある資産の名義を相続人に変更する必要があり、その場合、現地国の法律に従ってなされた処理にしたがって日本の資産の名義変更
続きを読む >>

国際相続ケース 海外赴任、海外留学されているケース

(1)日本人である相続人が海外赴任・海外留学している間に、日本にいる日本の被相続人がなくなったケース 遺産分割相続人間で協議する場合も、家庭裁判所で遺産分割協議する場合も、日本の国際私法である法の適用に関する通則法36条では、相続に適用される法律は、被相続人の本国法であるとされており、それは日本法なので、日本法に従って遺産を分割することになります。海外資産がある場合は、こちらのケースと同様の注意が
続きを読む >>

国際相続ケース 海外投資されているケース

被相続人も相続人も日本人で、日本に居住しながら、海外資産を有しているケースです。  遺産分割この場合、通常、日本にいる相続人同士で、協議をして遺産分割をします。 協議がもめて、遺産分割が成立しない場合には、日本の家庭裁判所に遺産分割調停の申立てをすることになります。この場合、日本の国際私法である法の適用に関する通則法36条では、相続に適用される法律は、被相続人の本国法であるとされており、それは日本
続きを読む >>

国内相続ケース 遺言書の種類と留意点

質問私は、3人姉妹の二女です。父が亡くなった際、長女が法定相続分以上の遺産の取得を主張したために3年以上遺産分割調停をし、母が大幅に譲歩する形で調停が成立しました。この経験から母は、とりあえず自筆の遺言書を作成しました。きちんと公正証書にしようと思っていたのですが、母が急逝し、自筆の遺言書だけが残りました。家庭裁判所の検認手続を経て開封したのですが、内容は、遺産のほとんどを私と3女に相続させるとい
続きを読む >>